特徴から知る対策方法

鳥

意外と記憶力がいい

自宅や職場などに鳩が住み着いていて、フン害などに日常的に悩まされている人も少なくないと思います。事実鳩のフンや羽毛などから細菌やウイルスがまき散らされる場合もあり、健康への直接的な被害が発生する可能性もあります。鳩による被害を減らす為に最も有効なのは、鳩が定着する前に撃退してしまう事です。よく鳥頭などと揶揄されるように、鳥には記憶力が悪いイメージがありますが、鳩は人の顔を認識して記憶する事が出来ます。公園などで餌を与えてくれる人がやってくると、餌を出さなくても集まってくるのはこの特徴のためです。場所に対しても同様であり、安全であると認識した場所はよく記憶していて、気に入った場所には執着する習性があります。この記憶力と執着心が鳩の完全な撃退を難しくしており、何度撃退しても再びやってきて被害をもたらす原因になっています。特に巣を作る場所というのはその個体にとって、相当居心地がいい場所であるため、ちょっとやそっとの障害であれば何食わぬ顔で居続けます。そうなる前、具体的には鳩が休憩しにやってきているくらいの段階であれば、ネットやワイヤーを張ったり忌避剤を置くなどして比較的簡単に撃退できます。ただすでに営巣されてしまっている場合でも、多少難易度は上がりますが、粘り強く長期間に渡って対策を行う事で撃退することが出来ます。個人的な対策に限界を感じたら、被害が拡散する前に害鳥駆除の専門業者に依頼しましょう。また、マンションや高層ビルの対策では施工作業に危険も伴うので、こうした状況では始めから専門業者に依頼するのがベストです。