鳥

特徴から知る対策方法

鳩は記憶力がいいという特徴があり、安全と認識した場所に執着する習性があります。そのためフン害などの被害に逢わないためには、鳩が居ついてしまう前に撃退してしまうのがベストです。すでに営巣されている場合には、粘り強く長期間に渡って対策を行う事で撃退しましょう。

詳しく見る

イラスト

トコジラミの徹底駆除

日本でもトコジラミによる被害が増えています。トコジラミは増殖力が強いので、早い段階で専門業者に駆除を依頼することが大事です。業者にトコジラミ駆除を依頼すれば、強力な薬剤散布で害虫を死滅させてくれます。薬剤被害が心配という人には、瞬間冷却剤を使った方法がお勧めです。

詳しく見る

ねずみ

費用も明瞭なので安心です

ネズミは学習能力が高い動物なので、自己流の方法では退治をするのが難しいです。専門業者に依頼すると、安全性の高い薬剤や捕獲機を使ったネズミ退治をしてくれます。専門業者のスタッフは動物の習性に合わせた、駆除方法を提案してくれます。

詳しく見る

ネズミ

ねずみ被害を我慢しない

ねずみ駆除業者に仕事を依頼する前に各社の駆除費用とサービス内容を比較しておきましょう。なかには事前の調査を無料で行ってくれる業者もあります。またねずみ駆除の方法に毒を用いない業者もありますので安心です。

詳しく見る

ごきぶり

精神的にも楽な駆除方法

ホウ酸効果をうまく用いた毒エサのトラップを使うことで効率的かつできるだけゴキブリと人間が接しないようにゴキブリ駆除が可能です。定期的に毒エサの交換をしなければならないものの、ゴキブリそのものに近付く機会ができるだけ少なくできるゴキブリ駆除方法です。

詳しく見る

シロアリを判別する

羽あり

発生時期と体型を観察

羽アリは、シロアリのこともありますが、黒アリのこともあります。羽アリを捕まえて図鑑やパソコンの画面を見てシロアリか黒アリかを判別することができますが、日本にいるシロアリが羽アリになるのは時期が決まっているので、その時期以外であればシロアリではないので安心して大丈夫です。日本にいるシロアリはヤマトシロアリとイエシロアリが主になり、ヤマトシロアリは北海道北部を除いた日本全国に生息していてゴールデンウィーク頃の日中に羽アリになります。イエシロアリは梅雨時期の夜間に羽アリになるので、これらの時期に見た羽アリはシロアリの可能性があるので、注意深く観察して必要に応じて業者に調査を依頼すべきです。シロアリが発生する時期に目撃したり、観察したら明らかにシロアリだとわかった場合でも、数匹のシロアリを見かけただけではそれほど深刻になる必要はありません。シロアリは必ずしも住居の木材を食い荒らすのではなく、どちらかというと自然界の倒木を住みかとしています。コロニーの中の個体数が増えると一部が羽アリとなってパートナーを求めて羽ばたいていきます。数匹程度であれば、どこかから飛び立ってパートナーを見つける前のシロアリなので大抵他の生物のエサとなってしまいます。住宅の内外に数100匹のシロアリの羽アリを見つけたときには、住宅内または近くにシロアリのコロニーがある証拠なので速やかに業者に調査や駆除を依頼すべきです。