スキンケアの方法

美容液

apps化粧水の効果はいろいろとあります。毛穴の引き締め効果、コラーゲンの生成予防、肌の保湿効果などです。より効果を得るために酸化対策も必要です。使用方法については、肌の温度で暖めたあとにハンドプレスをすることです。

もっと読む

肌を若返らせること

クリーム

アンチエイジングに良い化粧品は、肌を若返らせることが出来るもので年齢が若く見えるようなものです。コラーゲンを修復するものや働きをサポートする成分が含まれている化粧品を優先的に使うようにすると良いです。

もっと読む

部分カバーに使いたい

ファンデ

自分に合ったものを

ファンデーションでは対応しきれない部分をカバーしてくれるために部分用ファンデーションとも呼ばれることのあるコンシーラーですが、上手に使用すれば綺麗な均一のある肌の実現が可能となります。しかし、その種類もいろいろあり、選び方を間違えてしまうと使い勝手が悪くなる可能性もあるため、自分の肌に合ったコンシーラーを選ぶ必要があります。まず種類としては油分が多くて柔らかいクリーム状や、クリーム状より固くて肌に密着するスティックタイプ、スティックタイプよりもさらに固くて細いペンシルタイプや、ファンデーションに近いリキッドタイプがあります。タイプ的には柔らかいものの方が広範囲で肌になじみやすく、固いものはピンポイントでカバーしやすいという特徴がありますので、悩みや目的に合わせてタイプを選びましょう。

おもな使い方

コンシーラーは肌悩みによって使い方を変えると、より効果的です。たとえば目の下のクマが気になるなら、柔らかめのリキッドやクリームタイプのものをクマに少量のせて軽く叩くようになじませると綺麗に隠せますし、ほうれい線や口元、鼻付近のくすみや赤みなども、柔らかめのタイプがおすすめです。もっともニキビやニキビ跡、そばかすやシミといったものを隠したい場合は、柔らかめのものではなく固めのペンシルやスティックタイプが最適で、カバーしたい部分よりやや大きめにコンシーラーをのせてから、肌になじませると良いでしょう。ちなみにシミなどが広範囲な場合は、部分的には固めのものを使用した後、上から柔らかめのものを使用することで、よりカバー力が高くなります。

スポンジ要らずのファンデ

化粧するウーマン

エアーファンデーションは日本人にはあまり馴染みのない化粧品なので、なかなか手が出しにくいかもしれません。しかし1度使ってみると魅力に気付き、使い続けたいと思うはずです。時短メイクが可能なので、ぜひ使用してみましょう。

もっと読む